いかにも「かつら」と分かると病気の事も周囲に知られて日常生活が送りにくくなるのでは、と心配する人もいるでしょう。医療用かつらを選ぶポイントを押さえて後悔しない医療用かつらを選びましょう。

かつら自然な見た目にするためには、毛質の種類とヘアスタイルがポイントです。かつらの特徴として、毛質は大きく3種類あり、質感やアレンジの再現性が異なります。自分が最も求める要素はなにかを明確にして選びましょう。希望のヘアスタイルにできると、自分の顔の輪郭や雰囲気に合わせたかつらにできます。カットやカールなどを調節することで治療計画や地毛に合わせたヘアスタイルも可能なので、かつらと気付かれにくくなります。

サイズ調整の有無もポイントです。投薬治療中は毛髪の増減によって頭のサイズが変わることもあります。毛髪の増減がある人やフリーサイズで不安な人は、かつらの伸縮性やアジャスターで調節可能かどうか確認しましょう。

アフターフォローの有無もポイントです。かつらは購入後のサイズ調整やメンテナンスが必要になる場合も多くあるので、購入後のフォローが充実していると心強いでしょう。

経済産業省は医療用として着用できる品質であると認めた製品に対してJIS規格を適合しています。JIS基準に適合することを認証する医療用かつらのマークがしっかりとついているメーカーで購入するようにしましょう。ホームページなどで確認できますが、日々身につける物なので疑問点は事前に問い合わせたり試着などをしたりして、自分に合った納得のいく医療用かつらを選びましょう。

抗がん剤等や手術跡などで脱毛した場合、敏感になっている頭皮に対応できる安全な医療用かつらを着用します。普段の生活ではあまり馴染みがないため、いざ選ぶ段階で戸惑う人もいるでしょう。医療用かつらにはどのような特徴があるのでしょう。

ブローかつらの種類は3種類あります。既製品は決まったスタイルから選ぶので合う合わないの差が大きいですが、すぐに着用できます。セミオーダーは毛質などを自分で選び希望のスタイルを作れますが、納期は即日~1週間前後などさまざまです。フルオーダーは自分の頭の型をとって毛質などすべて自分で選びます。脱毛の状態などでサイズが変わるので型をとる時期が重要で、完成まで1ヶ月前後かかることもあります。

毛質の種類は大きく3種類です。人毛100%は最も自然な質感ですが、シャンプー後はブローが必須です。化繊の質感は人毛より艶が強いですが、ケアが簡単です。人毛と化繊のMIX毛の質感は化繊よりは自然で人毛100%よりは不自然ですが、ケアは比較的簡単です。ヘアスタイルを自分で再現するには化繊とMIX毛は高い再現性があり、人毛が最も難しいです。パーマとヘアカラーは基本的に人毛のみ可能で、化繊とMIX毛は不可です。

購入後のケアは基本的に人毛100%以外はドライヤー使用不可です。使用頻度や状況によっても異なり、独自のケア製品を使用しているメーカーもあるので確認してから購入しましょう。

事故の影響やがんの化学療法、円形脱毛症などによる髪のトラブルに対して医療の用途で安全に着用する医療用かつら。事故や病気がだれでも起こり得るのと同じように、医療用かつらが必要になる可能性はだれにでもあります。自分や周囲の人が医療用かつらを必要となったとき、特徴選び方のポイントを知っておくことは役に立つでしょう。

つやつやな髪医療用かつらの種類は、既製品とセミオーダー、フルオーダーの3種類です。既製品は購入後すぐに着用できますがスタイルが決まっています。セミオーダーはいくつかの項目を自分で選び希望に添って作れますが、完成まで日数が必要です。フルオーダーは頭の型をとりすべて希望に添って作れますが、型を取る時期の判断が難しく完成まで日数が長期かかります。

毛質は人毛と化繊とMIX毛です。質感は人毛、MIX毛、化繊の順で人毛が最も自然です。ケアは化繊、MIX毛、人毛の順で化繊が最も簡単です。ヘアスタイルの再現性は化繊とMIX毛は高く、人毛は慣れるまで難しいです。購入後のケアは毛質や季節、メーカーによって異なるので購入時に確認が必要です。

選び方のポイントは、見た目の自然さと、サイズ調整とアフターフォローの有無です。見た目は毛質の種類と、自分に合うヘアスタイルに変えられるかがポイントです。自分の求める優先順位を明確にして毛質の種類を選びましょう。毛量の増減でサイズも変わるので、アジャスターが付いていたりアフターフォローが充実していたりすると安心です。

安全な医療用かつらとして経済産業省によりJIS規格を適合されている製品もあります。このサイトでは医療用かつらの特徴から選び方のポイントまで説明します。